FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doll 第四話

 僕は机の上にあるインコのかごに手を伸ばした。インコは「エサ? エサ?」と連呼している。

「そうだよ。エサだよ。だから、大人しくしてね」

 僕は笑いながらそう答える。

 僕は手に香織さんの人形を持っていた。そして、インコのかごのドアをあけ、香織さん人形の鼻にインコのくちばしをつけた。

 その瞬間、目映い光が放たれた。僕は目を瞑った。さらには人形が熱くなり、僕は思わず手を離した。

「ふぅ、もう終わったかな」

 目を開けると、そこには一羽のインコとインコ型の人形があった。

「コレハ、ドウイウコト?」

「やっぱり喋れるようになったんだ、香織さん。いや、今ではただのインコだね」

「インコ?」

「そう、君はいまや君のペットのインコなんだよ」

「エ、ワタシ、ピーチャンニナッテルノ?」

「へぇ、ピーちゃんっていうのか」

 僕の作戦は大成功だった。反応を見るにはコミニケーションが取れなければいけない。だが、人間にしてしまうといろいろ面倒だ。だから、動物でありながら言葉が喋れるインコにしたのだ。

「ッテカ、ワタシノカラダ、ハヤクカエシテ! サッキノコトダッテ、セクハラデ、ウッタエテヤルンダカラ」

「やっぱり人形になっても意識はあるのか」

「ソウヨ。メチャクチャハズカシカッタワ。アンナコトスルナンテ」

「ふふっ、本当は気持ち良かったんじゃないの? あんなに激しく逝ってたし」

「ソ、ソンナコトナイ!」

「まぁ、どっちにしても意識があるんだったら、もう身体を返してあげられないけどね。かえしたら、訴えられるし」

「ソ、ソンナ……」

「それにしても、女ってそんなに気持ちいいの? 僕も試してみたくなってきちゃった」

 僕は香織の――いまでは自分の胸を揉んだ。とても柔らかくて揉みごたえがある。

「ヤ、ヤメテヨ」

「何で? 自分の身体触って何が悪いの。……あんっ!」

 ブラの下から手を入れて、直接、乳首の先を触ると、電流が走ったような感覚が全身を駆けめぐった。初めての感覚だ。僕は我慢出来なくなって、服を脱いで、全裸になった。

「あんっ、君の身体ってすごく綺麗で、卑猥なんだね。それにとても淫乱だ」

「ヤメテ、ワタシノカラダヲ、モテアソバナイデ」

「違うよ。あんっ。君の、あっ、身体が、はぁ、淫乱だから……」

 先程の香織の痴態を見ていたせいか身体は既に出来上がっていた。少し触れるだけで、体中を快感が駆けめぐる。僕はいつの間にか、自分が太股を擦り合わせているのに気付いた。

「じゃあ、そろそろ下の方にいこうか」

 僕はゆっくり真っ白い下着を下ろした。そして、手を下の陰毛の方へ持っていった。正直、性経験はないし、アダルトビデオを借りる勇気もなかったから知識はない。だが、身体はとてもスムーズに目的の場所まで手を運んでいった。まるで身体が覚えているかのように。

「オネガイ、ヤメテ。ソコダケハ……」

「どうせ、中村ともうやったんだろ? 初めてでもないくせに、淫乱女なくせに、今更なにを恥ずかしがってんだよ」

 僕は人差し指をゆっくり秘所の中に入れていった。秘所は既にじっとりと濡れており、ぬるりとした感触があった。ゆっくりと奥へと入れていき、抜いてみると指にはとろりとした液体がついていた。

「これが香織さんの愛液か……」

 香織さんはもう、何も言わなかった。諦めたのかもしれない。それとも、目を瞑っているのだろうか。

 僕はそのまま、その部分をまさぐった。素直に気持ち良かった。男の身体とは比べものにならないほどに。

 僕の手はもう止まらなかった。股間はぐちゅぐちゅといやらしい音を立てている。

「あん、あん、あん」

 自然と声が出る。快感はどんどん大きくなっていく。

 僕の手はどんどんペースを上げる。頭が真っ白になりそうだ。

「も、もう……逝く……あんっ!」

 その瞬間、身体がびくりと跳ねた。もう、何も考えることが出来ない。僕は快感が引くまで、荒い息で床に横たわっていた。


スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

山

Author:山
TSF小説を掲載していこうと思っています。

ジャンルは主に入れ替わりです。

リンクフリーですが、創作物の著作権は山にありますので、無断転載は禁止です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。