FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doll 第九話

俺はゆっくりと目を覚ました。頭が重い。

 ふと、先程の光景を思い浮かべる。初め、俺は香織に言われて、香織にそっくりの人形の鼻を触った。

 すると、気が付けば俺は香織になっていた。しかも、なぜか俺がもう一人いて、もう一人の俺に犯された。

 あまりの気持ちよさに呆然としているとき、もう一人の俺に何かを押しつけられた気がした。そこからは記憶がない。

 起き上がろうとして、愕然とした。身体が動かないのだ。ピクリともしない。いったいどういう事だ?

 そう思っていると、どこかから声が聞こえる。香織の声だ。

「いや、中村のことはどうでもいいの。あいつのこと、別にそこまで好きでもなかったし……」

 何? あいつ、そんなこと思っていたのか。いろんな物、買ってやったってのに。身体が動くようになったら、懲らしめてやろう。

 香織はもう一人の俺と喋っているようだった。何か口論しているようだ。

 俺が聞き耳を立てようとしていると、突然、視界が真っ暗になった。何かが被せられたらしい。そのせいで声もくぐもって聞き取れない。

 ちくしょう! 何なんだ。この状況は?

 もしかしたらこれは全て夢じゃないだろうか。そうだ、悪い夢だ。

 俺は早くこの夢が覚めることを祈りながらただただ時が経つのを待っていた。

 かなりの時間が経った。まわりは物音一つしない。俺は半ば眠っていた。

 バタン、とドアの開く音がした。誰かの足音が聞こえ、その後、俺を覆っていた布が取り外され、次の瞬間、俺は光に包まれた。

 気がつくと、俺は床に倒れていた。身体に力を入れると、身体が動いた。どうやら、身体が元に戻ったようだ。

 俺は身体を起こして、周りを見た。そこは俺の部屋だった。眼下にはなぜかフトダの姿をした人形が落ちている。こんな人形はなかったはずだけれど。

 俺はその人形を拾おうとした。すると、背後から「その人形に触らないでください」と声をかけられた。

 振り返って、俺は驚いた。そこには俺がいた。俺は少し内股気味で、まるでオカマのようにもじもじしている。

「誰だ、おま……」

 俺は思わず、口を押さえた。口から出たのがまるで女の子のような声だったからだ。何度か、咳払いしてみるが、やはり声はおかしいままだ。
 
その時、ふと下を見て、俺は驚いた。いつもなら何もないはずの胸が盛り上がっている。さらに俺はなぜか、メイド服を着ているのだ。

「ど、どういうことだ?」
 
俺はおそるおそる、その胸に触れてみる。人差し指で胸を押すと、胸はむにゅ、と指に沿って凹んだ。胸には触られている感触がある。指を離すと、胸は少し揺れながら元の形に戻った。

「む、胸がある!」
 
まさか、また香織になってしまったのか?
 
俺は急いで、部屋に取り付けられている鏡を見た。

「う、嘘だろ」
 
そこに映っていたのはメイドである沙耶であった。不安げな顔でこちらを見つめている。

「まさか、俺、沙耶になっちまったのか?」
 
そこへ、俺の身体をした誰かがこちらへ近付き、落ちている人形を拾った。その所作の一つ一つがやけに丁寧で女っぽい。

「もしかして、お前、紗耶か?」

 俺の問いに俺の顔をした男は頷いた、

「どういうことだよ、早く元に戻せ!」

 俺は沙耶に掴みかかった。けれども、すぐに腕を掴まれて組み伏せられた。こちらは必死で逃れようとするのだが、身体が全く動かない。

「男の人の力ってやっぱりすごいのね」

「おい、離せ! お前、元の身体に戻ったら絶対、クビにしてやるからな!」

「ちょっと、今の力関係を分かっているのかしら? 今は私がご主人様。あなたはただのメイドなのよ」

「何だと、おい! 執事の南を呼べ! あいつなら身体が変わったって、俺だって分かるはずだ」

 南は俺が一番信頼している執事だ。いつも俺の横にいて、俺の言うことならどんな手を使ってもやり遂げる。あいつなら身体が変わっても俺だと分かってくれるはずだ。

「それはどうかしら?」

 沙耶は俺の顔でニヤニヤしている。

「まあ、良いわ。その方が良い復讐になるしね」

 そういうと、沙耶は大声で南を呼んだ。


続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Doll第八話

 光が収まるとそこには香織がいた。先程同様上気した顔だが、様子は違う。

 身体のあちこちを見たり、確かめたりしている。そして、一通り終わると、安堵の吐息を漏らした。

「よかった。元に戻ってる」

「約束は守っただろ?」

「ええ、でも、さすがにやりすぎじゃない?」

「やりすぎって中村のこと?」

「いや、中村のことはどうでもいいの。あいつのこと、別にそこまで好きでもなかったし。そうじゃなくて……」

「言葉通りやりすぎか」

「うん。子供とか出来たらどうするのよ」

「大丈夫。責任は取るから」

 僕はそう言うと、中村の人形を拾った。そして、人形にハンカチをかぶせ、何も見えず、声も聞こえないようにした。人形だし、窒息はしないだろう。

「もう帰ってもいい? とにかく、この身体、洗いたいし」

「なら、ここの家の奴使いなよ」

 僕は使用人を呼んで、香織をバスルームまで案内するように言った(現在、僕は中村の姿なのでこの家の者を自由に使える)。また、沙耶さんを部屋まで呼ぶように言いつけた。

 香織は「じゃあ、お言葉に甘えて」といって、使用人について部屋を出て行った。

 しばらくすると、沙耶さんが部屋に来た。

「な、何のご用ですか、ぼっちゃま」

 沙耶さんは緊張している様子だった。おそらく普段から中村に虐められているため、今回も何か言われるのだと怯えているのだろう。

「沙耶さん」

「えっ?」

 沙耶さんは普段と違う様子に驚いているようだった。まぁ、メイドに対して「さん」なんか使わないだろうな。おそらく、おいとかそれ呼ばわりだ。

「君は今の生活を気に入っているか?」

「気に入っている? ええ、はい。もちろんでございます」

「いや、そんな建前上の答えはいらない。正直に答えて欲しいんだ」

 僕が真剣な顔でそう言うと、沙耶さんは少し悩んでそれから口を開いた。

「確かに、少し嫌気がさしています。私は大学に行きたかったのです。でも、家庭の事情でここで……」

「なら、例えば、僕みたいな生活はどうだい?」

「それなら、いうことありません。ぼっちゃまみたいな生活をしてみたいです」

「そうか……」

 僕はニヤリと笑った。これで条件は完璧だ。

「なら、今から僕が言う通りにして欲しい」

 彼女は首を傾げている。僕は作戦を説明した。彼女は半信半疑のようだったが、事が始まれば納得するだろう。

 そして、僕らはそれを始めた。







 かなり、久しぶりの更新。

Doll第七話

「おい、早く抱いてくれよ」

 中村はせがむようにそう言った。だが、そう簡単に抱くものか。僕が今までどれ程お前に虐められてきたのか覚えているのか?

「抱いて欲しいなら、まずはその口調を直せ」

「俺は男だっていってるだろ。口調なんてどうでもいいだろ、早く」

「ふざけるな」

 僕は手のひらで中村の尻を思い切り叩いた。乾いた音が室内に響き渡る。

「痛ってえ! 何しやがる!」

「言葉遣いのなってないものには罰だ」

 僕はもう一発、尻を叩いた。

「痛い! 止めろよ!」

 さらにもう一発。

「止めろって」

 痛みでだいぶ従順になってきたようだ。口調は次第に弱々しいものへと変わっていた。

 僕はとても楽しい気分になっていた。僕は実はSなのかもしれない。

「やめてほしかったら口調を直せ」

「だから、俺は男だ……痛っ! わ、分かったよ……痛っ! わ、分かりました」

 やっとの事で中村は口調を変えた。

「お願い、わ、私を抱いてくれない?」

「よし、良くできた」

 僕は強い力で、中村を引き寄せた。そして、胸を触った。

「痛い! もっと優しくしろよ」

 力が強すぎたのか、中村は眉をひそめ、抗議した。

「優しくしてくださいだろ」

 僕は罰として、さらに強く胸を掴んだ。大きな胸がマシュマロのように潰れる。

「あうっ! や、優しく、してください」

「ああ、してやるよ」

 僕は胸に顔を近づけ、乳首を舐めた。中村は「ああっ!」と喘いでいる。

「そろそろいくかな。股を開けろ」

 中村は従順に股を開いた。女性器からは既に蜜がだらだらと流れている。

 僕は今までの行為ではち切れそうなまでに膨張しているあれを取りだした。

(中村のやつって結構でかいんだな。ってか、これが俺の初体験か)

 身体は違えど、これで僕も脱童貞だ。しかも、相手は中身は違えど、片思いしている香織さんだ。

 僕はゆっくりと慎重に挿入した。ずぶずぶと彼女の身体の中に埋まっていくのが感じられる。彼女の中は暖かかった。

 奥まではいると、僕は腰を振った。それに合わせて、中村が鳴く。

「ああんっ! いい! そこっ! もっと突いてっ!」

 その度に僕のそれは締め付けられた。その刺激で頭が真っ白になりそうだ。一人エッチとは比べものにならない。

「そろそろいくぞ。出すぞ!」

 僕はもう絶頂寸前だった。彼女も多分そうだ。

「うんっ!、出して。お腹の中にぶちまけて!」

 くちょ、くちょと性器同士が絡み合う音がひびく。ピストン運動はどんどんスピードを上げていく。

 もう駄目だ、出る。

「ああっ!」

「ああん!」

 僕たちがいったのはほぼ同時だった。僕は彼女の中に精液をぶちまけた。

 しばらくしてから僕はペニスを抜いた。中村はまだ快感の狭間を彷徨っているのかうつろな様子だ。

 僕は中村を見下ろしてこういった。

「これで君はもう女だね」

「女?」

 中村は怠そうにそう言った。

「そうだよ。君は女として抱かれたんだ」

「俺は女? いや、俺は、俺は……」

 中村は混乱しているようだ。そりゃそうだ。いきなり女の身体になり、性欲に流され、性交したのだから。

 彼の男としての自我はぼろぼろであるはずだ。

 僕は密かにほくそ笑んだ。まだこれからだ。

 僕は呆然としている中村の手を取って、人形の鼻に触れさせた。

 光が僕らを包んだ。 

Doll 第六話

 中村の家は大豪邸であった。中村はここらでも有名な資産家の息子で家にはメイドさんが何人もいるそうなのだ。

 僕は彼の家になど足を踏み入れたことはないが、彼の家は知っていた。それほどまでに彼の家は有名で、目立った。

 入り口の大きな門の所にあるインターホンを押すと、一人のメイドさんが出てきた。歳は僕らと同じぐらいだ。背が小さく、愛くるしい顔をしている。くりっとした目で、キュッとした唇。少し茶色がかった髪はポニーテールにしている。そして、なにより服装がメイド服である。僕は思わず笑みをこぼした。

「おぼっちゃまがお待ちです。今から案内いたします。……どこかおかしいところでも?」

 彼女は僕の笑みを見とがめて、そう訊ねた。

「いや、可愛いなと思って」

 僕がそう答えると彼女は顔を真っ赤にして、俯いた。それから、消え入りそうな声でこう答えた。

「……そんなことはないです。いつもドジばっかりして、おぼっちゃまにもいつも叱られていて」

「もしかしてお仕置きとかもされてるんですか?」

 その言葉を聞いて途端、彼女の顔色が変わった。何か嫌なことを思い出したかのように青ざめている。

「……そんなこと、しませんよ。ぼっちゃまは。さぁ、早く行きましょう」

 彼女はそう答えて、平静を装っているが、十中八九、彼女は中村に何かされている。おなじく虐められているものとしての勘で分かる。

 中村は人を虐めることが大好きだった。理不尽なことで、他人に言いがかりをつけ、その末、そいつを虐めて、虐めて、虐めまくる。それも、自分よりも力の弱いものにだ。

 彼女も被害に遭っている。もしかしたら、彼女は女だから、僕よりもひどいことをされているかもしれない。そう思うと、どうしても彼女を助けてあげたくなった。

「あなた、お名前は?」

「沙耶と言います」

「頑張ってね。絶対、良いことがあるから」

 沙耶さんは首を傾げていたが、励ましているのは分かったらしく、「ありがとう」と言っていた。

 僕たちは屋敷に入った。屋敷は広くて、迷いそうだ。僕たちは沙耶さんの案内で、どんどん進んでいった。

「ここが、ぼっちゃまの部屋です」

 そういうと、沙耶さんは礼をして去っていった。

 僕は二回ノックをして、中に入った。

「おっ、やっと来たか。……ん、手に持ってるのは何だ?」

「あ、えと、私の飼ってるインコ。ピーちゃんっていうの。中村くんにも見せてあげたいって思って」

「ふーん。まぁ、いいや。座れよ」

 そういうと、中村はベッドに腰掛けた。いやらしい目で僕を見ている。

(こいつ、せっかちな奴だな。話も無しに、すぐやろうってのか)

 女の快感には興味があったが、中村などとやるのは嫌だった。僕はすぐに作戦に入ることにした。

「ねぇ、その前にこの人形見て」

 そういって、僕はあの人形を取りだした。今は香織さんの魂のため、香織さんの姿をしている。

「うわ、めちゃくちゃ似てるじゃん」

 そういいながら、中村は人形をいじくり回している。

「それ、ここに来る途中で拾ったの。なんか、怪しげでしょ。それに鼻の所になんかスイッチあるし」

「スイッチ?」

 中村はあっさりそれを押した。その瞬間、光が部屋を包んだ。

 光が収まると、目の前には中村と中村人形があった。僕は打ち合わせ通り、中村人形の鼻を触った。

 またもや、光が発せられた。僕は再び人形になっていた。どこかで、「え、どうなってんの?」という女の声が聞こえる。おそらく、香織さんになった中村のものだろう。

 上から中村の姿をした香織さんが僕の人形を拾い上げた。そして、僕の鼻を押そうとしている。だが、迷っているのかなかなか押さない。

(早く押して、香織さん。このままだと、君は中村の姿のままなんだ。一生、元には戻れない)

 その時、「うわぁ、本物の胸だ」という声が聞こえてきた。おそらく、中村が触っているんだろう。その声で、香織さんは決心したのか。僕の鼻を押した。またもや光が部屋を包んだ。

 目を覚ますと、目の前には香織さんの姿をした中村が自分の胸を触っていた。どうやら、作戦は成功したらしい。僕は自分の姿を見た。先程の中村の姿と同じだ。

 これで、僕は中村に、中村は香織さんの姿になった。僕は胸を触ることに夢中になっている中村をいきなり押し倒した。中村はいとも簡単に押し倒された。

「うわっ、俺じゃねえか。誰だよ、お前?」

 中村は香織さんの可愛い声でそう言う。どうやら、入れ替わったことには気付いていないらしい。

「俺は中村だよ。お前こそ、香織だろ」

 僕は中村になりきってそう言った。

「いや、俺が中村だよ。なんかしらねぇけど、女になっちまってるんだ」

「はあ? 何、わけのわからないこと言ってるんだ。お前は香織だろ」

「だから、俺は中村だって」

「じゃあ、証拠見せてやるよ」

 僕はそう言うと中村の胸を揉んだ。

「あんっ」

「ほらほら、可愛い声で鳴いてるくせに、何が俺は中村だ、だよ」

 僕は胸をどんどんもみしだく。中村は止めようとするが、女の力では止められない。

「だって、俺は、ああん、お、おとこ、あんっ!」

 中村の乳首が立ってきた。感じている証拠だ。

「誰が男だって?」

 僕は中村の――香織さんの服を脱がしにかかった。中村は抵抗したが、女の力ではたかがしれてる。中村は全裸になった。

「ほらほら、ここも濡れ濡れじゃねぇか」

「きゃ!」

 僕は中村の秘所に手を伸ばした。そこからはとろりとした愛液が流れ出していた。
 
 僕はそこに指を二本――人差し指と中指をつっこんだ。中村が「ああっん!」と喘いだ。

「男にこんなものが付いているか?」

 そう言いながら、僕は指を出し入れする。その度に中村が甘い声で喘ぐ。

「や、やめろっ」

 僕はその声を無視して、何度も指を出し入れする。

「あんっ!」

 あるところを触ったところ、中村がびくりと跳ねた。どうやらここが感じるところらしい。

 僕はそこを重点的に責めた。執拗に、何度も何度も。

「あっ、ああん! や、やめろって、あんっ、言ってるだろ」

 中村のあそこからは溢れるように蜜が流れ出していた。おそらくもう絶頂の直前まで来ているはずだ。

 そこで、僕は指をあそこから抜いて、愛撫を止めた。

「えっ、止めるのか?」

 中村は驚いたように言った。

「お前が止めろって言ったんだろ」

 中村はもじもじとした様子で太股をこすりあわせていた。身体の火照りが収まっていないのだろう。

 中村は物欲しそうな目で――とろんとした上目遣いで僕を見た。身体だけで言えば、香織さんなのだからかなり妖艶で扇情的な姿だ。

 普段の僕なら迷わず、抱いているだろう。だが、ここは我慢だ。

 中村は上気した顔で、目線をふらふらとさせている。どうやら迷っているようだ。快感に身を任すか。それとも男のプライドを取るか。

「や、止めないでくれ」

 中村のプライドは崩れ、中村は懇願するようにそう言った。

「ん? お前は男だったんじゃないか?」

 僕は焦らすように言った。

「いいから、抱けって言ってるだろ!!」

 かなり焦れてきているのか、中村は大声で怒鳴った。こういう姿を見たかったのだ、僕は。

 普段なら、僕は彼の言うことを聞かなければならない。それが今ではどうだ。完全に僕の方が優位に立っている。

 僕は思わず笑みをこぼす。だが、ここからだ。復讐はまだ始まったばかりだ。

Doll 第五話

 快感はなかなか引かなかった。僕は恍惚な気分に浸りながら、ぼんやりとインコを――香織さんを眺めていた。

 インコはただじっと押し黙っていた。そういえば、泣く動物は人間だけだという話を聞いたことがある。もしかしたら、あれが泣くという行為の代替行為なのかもしれない。

 その時、どこかで携帯のバイブ音が鳴った。おそらく香織さんのものだろう。鞄から携帯を取りだしてみてみると、どうやら中村かららしい。とりあえず、僕は電話に出ることにした。

「……もしもし」

「おい、香織。まだかよ。こっちはずっと待ってるってのに」

 そういえば、香織さんは中村と会う約束をしていたんだった。

「ごめん。えっと、どこに行ったら良いんだっけ?」

「おいおい、しっかりしてくれよ。俺の家に来るんじゃなかったのか?」

 そうなのか。

「ごめん。今すぐ行くから」

「おう、早く来いよ」

 中村はそう言うと、電話を切った。

「ネェ、ナカムラクンカラデショ。ナンテ、イッテタノ? デートノコトジャナイノ?」

 さっきまで黙っていたのに急に香織が喋り始めた。どうやら、電話で我を取り戻したらしい。

「ナカムラクン、ワタシジャナイッテ、キットキヅクヨ。ダカラ、ハヤクモドシテ。モドシテクレタラ、コンカイノコトハ、ダレニモイワナイカラ」

 どうやら、やっと自分の立場が分かったらしい。だが……

「そんな言葉は保障にはならない。それに、中村にも復讐してやりたいしね」

「ナニヲスルキナノ?」

 香織さんは不安そうに訊ねる。

「それはまだ決まってないけどね。まぁ、香織さんにはまだこの姿は返せないよ。けど、僕の協力をしてくれるなら、君を必ず元の姿に戻す。僕が復讐したいのは中村だからね」

 香織さんはしばらく迷っていたが、やがて、「分かった」と呟いた。

「取り敢えず、中村の所に行くために着替えないと」

 僕は香織さんの指示を仰ぎながら、下着を着けた。あれを穿く感覚というのはとても奇妙だ。パンツは股間にピッタリと付いている。ブラジャーは確かに安心感はあるのだが、つけるのがかなり大変だった。

 それから、ソックスを穿き、箪笥の中からミニスカートと薄いブルーのTシャツとカーディガンを取りだして、着た。部屋にあった姿見で見てみると、かなり可愛い。軽く一回転してみるとスカートがふわりと浮いた。

「さて、じゃあ行くかな。香織さん、君にもついてきてもらうよ」

「エッ? ワタシモ」

「今から作戦を言うからその通りにするんだ。そうしないと、君は元の姿に戻れないからね」

「……ワカッタ」

 僕は作戦を香織さんに話した。香織さんは不安そうな顔や訝しげな顔をしたが、理解はしたらしい。僕は香織さんの入った鳥かごとインコの人形を持って家を出た。そして、香織さんにインコの人形を突き出し、香織さんを人形に、インコを元の姿に戻した。これで準備は完了だ。

 僕は笑みを浮かべながら、中村の家へ向かった。







ぽつぽつ、更新。

それにしても、この話、需要はあるのか?

FC2カウンター
プロフィール

山

Author:山
TSF小説を掲載していこうと思っています。

ジャンルは主に入れ替わりです。

リンクフリーですが、創作物の著作権は山にありますので、無断転載は禁止です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。